神戸の”たいよう”物語

ポートアイランドの青少年科学館の屋上の金色に輝くドームにいつも子供達に太陽の黒点やコロナを 見せてくれる25センチ屈折望遠鏡があります。

その名は”たいよう”

この”たいよう”が神戸に来たのは約80年前のことでした。
かつての世界的名門の英国クック社で作られました。

この80年の”たいよう”の物語を聞いてください。
    

 

もともと”たいよう”は神戸中山手にあった神戸海洋気象台に設置されました。

設置されたのは気象台。

天文台ならいざ知らず、どうして海洋気象台に設置されることになったのか。

当時の気象台の業務には天体現象の観測というものがあり、そのため気象台に天体望遠鏡があっても不思議ではありませんでした。

しかしその当時、この25センチ屈折望遠鏡というのは東京、京都の天文台をしのぐ日本一の性能を持っていた望遠鏡でした。

 

この素晴らしい天体望遠鏡が神戸に来た物語を語るのにはまず神戸海洋気象台の開設からのお話です。

1920年(大正9年)折からの海運ブームで海洋気象の情報発信を目的とする海洋気象台が神戸に設置されました。

神戸が選ばれたのは日本第一級の港があったからです。

そのときの海洋気象台建設の費用は当時の金額で21万円だったそうです。
うどんが4銭だったころのことです。

当時の気象台は文部省の管轄になっていて、この膨大な予算を文部省は認めませんでした。
    

 

しかし、どうしても気象データーが欲しかった海運業者たちは寄付金でこの建設費用の一部を負担しました。

この海洋気象台、管轄は文部省ということで気象台の仕事をしながら学問の研究をするところでもあったのです。

初代気象台長の岡田武松氏は技術者の育成のため海外留学を決めました。

その留学生に選ばれたのが技師関口鯉口氏でした。

彼がスイス、イギリスでの1年半あまりの留学から帰国の際、輸入してきたのが口径25センチの屈折式望遠鏡”たいよう”だったのです。

価格は当時のお金で5万円。

世界でもA級の性能を誇る望遠鏡でした。

その当時の5万円は今でいう1億5千万円以上の金額だそうで、その費用も海運業界の方々の寄付でまかなわれたのかそれとも 文部省で予算があてがわれたのか今となっては不明だそうですが、とにかく、世界でも屈指の天体望遠鏡が神戸にやってきました!

  

 

その設置のため新しく建設された別館の無線電信室にドームが作られました。

”たいよう”の活躍が始まったのは残された文献より、大正13年以降のことだと推察されます。

当時、太陽の気象に及ぼす影響として太陽の黒点が注目され出した頃でした。

イギリス留学から帰国した関口氏のもとでこの最新鋭機を使って太陽観測が行われたくさんの重要な論文が発表されていきました。

 


レンズをのぞくとこんな風に!
”たいよう”の最も輝かしい活躍の時期です。

当時は東京の三鷹天文台に20センチ、京都大学の花山天文台に18センチの望遠鏡があるのみで25センチ望遠鏡というのは これらをしのぐ素晴らしい機材でした。

「気温に及ぼす太陽活動の直接作用の検出」「太陽黒点、白斑、緬羊斑の運動について」「太陽大気の気象学」「水星の太陽面通過」 「太陽活動と気圧配置の相関」などの当時第一級の学術レポートが関口氏が中央気象台に移られるまでこの ”たいよう”の観測から発表されました。

昭和4年6月7日には昭和天皇が海洋気象台に来られ、この望遠鏡で太陽の黒点をご覧になられました。

 

この輝かしい望遠鏡の活躍も長くは続きませんでした。

関口氏が東京の中央天文台に移られた昭和2年から昭和9年までは一木氏が観測を続けられていましたが、徐々に気象台における天文観測の業務が縮小されていくようになりました。

そして戦時中から戦後25年頃まで取り扱う人も無く”たいよう”の出番はなくなってしまったのでした。

そんな"たいよう"に少し出番がまわってきたときがありました。

昭和25年神戸海洋気象台に着任した片山昭氏(後の海洋気象台長)が昭和31年に東京に転勤するまでに行った「星のまたたき」(シンチレーション) の観測でした。


    

 

戦後すぐの海洋気象台は、焼夷弾を受けドームが歪んで開きませんでした。

そこで京都の西村製作所に修理を依頼し、なんとか修理できた望遠鏡で「日食観測」「星食」などの観測も行いました。

そして最終的に相当の成果をあげられたのでした。

しかし、昭和31年に片山氏が東京管区気象台に転出されたあとは、再びこれを扱う技術者がいなくなり、昭和42年に神戸市に委託されるまで "たいよう"は開かないドームの中で暗く寂しい長い年月を送ることになるのです。

そんな"たいよう"を心にかける人たちがいました。

神戸在住の民間の天文愛好家の方たちでした。

皆は"たいよう"を忘れてはいませんでした。

なんとかしたい、なんとかしょうじゃないか、とマスコミや各方面に呼びかけました。

昭和33年2月2日の神戸新聞の記事には「神戸海洋気象台の年老いた大望遠鏡」「ドームの中に眠る華やかだった過去」などの見出しで。
かつてあれほど脚光をあび、華やかな成果をあげた"たいよう"。

イギリスから神戸にやってきた、クック望遠鏡。

ここに東亜天文学会という天文同好会がありました。

東亜天文学会は京都大学に本部を置き、アマチュアの天文同好会の間では非常に大きな存在でした。

その東亜天文学会の神戸支部は昭和20年台から30年台の初め頃まで神戸海洋気象台で会合を持ちました。

そして幾度と無くこの海洋気象台の暗いドームに眠ったままの「たいよう」のことが話題になったといいます。

何とかしなくては。

人々のそんな思いをよそに"たいよう"はひたすら冬眠していたのでした。

ー機械はつかっていればそれなりに手入れもされるが使われていないと埃、サビ、油切れなどで使い物にならなくなる。

"たいよう"は聞くところによると接眼レンズはほとんど行方しれず。

しかし、日本製のレンズでこれは対応可能だと思う。

そして対物レンズは分解、清掃、組み立てにより何とか使い物になるだろう。

周囲の心配する声が聞こえてきます。

50年ほどの前の作品だけれど(当時昭和30年台)今尚、その精度や設計は旧式とはいえない優れもの。

このままにしておくのは、もったいない。

同じものを作るとなると1,000万円〜1,500万ほどもかかるだろう。ー等々    

神戸海洋気象台が"たいよう"を手放そうとしているという話が広まりました。

いろんなところから名乗りをあげてきました。

各地の観光協会、気象大学校、海上保安庁水路部。

神戸育ちの"たいよう"はやっぱり地元に愛着があります。

    

地元の天文愛好家たちは熱烈に神戸市に働きかけました。

どれほどの予算があればオーバーホールが可能か、また神戸市には教育用天文台とかプラネタリウムがないといったことの 資料を市に提出し、市を動かそうとしました。

このようなたくさんの方々の熱意で昭和42年9月に神戸市に委譲されることが決まったのです。

  

神戸市に委譲されることになった25センチ望遠鏡「たいよう」は昭和42年9月23日、17個のパーツに梱包され神戸市立体育館に 納められました。 

この時の解体、海洋気象台からの運び出しは京都の西村製作所でした。

神戸市への委譲価格は5万円。

神戸市はこのとき、「市内に天文館を作り、そこに"たいよう"を設置するような計画をもっていました。

どこにそのような施設を作るか。。。なかなか夜間暗くて都市光がないようなところはなかったのです。

結局、費用と場所の問題が解決せず、計画は実らず、暗い中央体育館の倉庫の中で、再び"たいよう"はとうとうそれから17年間も 過ごすこととなりました。

  



時は流れて昭和53年、神戸市に海上都市ポートアイランドの完成を記念してポートピア博を開催するという企画が持ち上がりました。

そして博覧会のパビリオンとして建設される「神戸館」と「プラネタリウム館」とを会期が終わったあと利用して「科学博物館」とすることが 決定されました。

そしてここに再び、"たいよう"の復活の話題が登場してくるのです。

長く中央体育館の中にしまわれていた"たいよう"が使い物になるものかどうか。

レンズのチェックが行われました。

解体を請け負った京都の西村製作所に依頼した結果、レンズの保存状態は良好でした。

いよいよオーバーホール開始、"たいよう"復活の日は昭和59年と決められました。

17年前、海洋気象台から解体、梱包され運び出された"たいよう"。 今度はその西村製作所の息子さんである西村有三氏が再び、修理復活の任を得て、父親の梱包を解きオーバーホールが始まりました。

その復活の記録は西村製作所の西村有三氏が詳しく記録されています。

細かいパーツはそのまま使えるものが多く、さすがクック社の望遠鏡、暗いところでも使えるように4つあるグリップはすべて 違う形をしていて修理スタッフの方々をうならせたそうです。

基部台には「T.COOKER&SONS」とあるが製造番号などを記した銘板はないこと。

目盛板についていたプレートには「1923」とあったこと。

西村製作所としてもこれほど大型の機材のオーバーホールは経験なく、何度も何度もミーティングを行い作業を進めていきました。



神戸海洋気象台設立当時、神戸港に入港してくる船の甲板から朝焼けの中からホンノリ夢のように浮かんでくる輝く竜宮城に近づくように 見えたと当時の新聞にかかれたそうです。

その竜宮城の屋上のにぶく輝くドームの中に、最新鋭のクック望遠鏡"たいよう"がいました。。。

今は「神戸市青少年科学館の最上階ドームの中に"たいよう"はいます。
1995年の阪神淡路大震災でも却部基部に四方に亀裂がはいりましたが、本体はびくともしませんでした。

"たいよう"は復活しました!

今、"たいよう"は、すこぶる元気です。

自分の居場所を見つけてはりきっているようにも見えます。

昨年(2005年)神戸は震災10年を迎え、この"たいよう"の物語が青少年科学館のプログラムになりました。
「ソレイユ」 ―太陽の詩― クック望遠鏡「たいよう」

どんなに素晴らしい機材でもそれを使いこなす人と、それを迎える時代が必要です。

それを得たとき、"たいよう"は生き生きとその真価を発揮します。

現在の「たいよう」のエネルギーは目を輝かせてレンズをのぞく子供たちです!

神戸の”たいよう”の物語はまだまだ続きます。

ずっとずっと元気で。

この街と共に!


参考文献:「ふたたび太陽を追って-よみがえった25cm屈折望遠鏡-」
神戸市教育委員会編

  神戸ものがたりへ